プラチナカードはイザという時お役立ち

お金を持っている富裕層の必要性から作られたプラチナカードの歴史や日本での状況などを書いてみました。

お金とプラチナカードの利便性

もともとプラチナカードは米国のお金持ちの人たちの要望により始めたもので、1980年代に始まったものが最初のようです。

クレジットカード会社にはもともと富裕層向けのゴールドカードがありましたが、それらもだんだん各クレジットカード会社が発行しだしたそうで、一般のカード化してしまったのだと思います。
それでここがおもしろいのですが富裕層の要望があり、もっと高いステイタスとサービスを受けられるプラチナカードが発行されたということになるようです。

会費も日本では最高のプラチナカードだと十数万円の年会費のものもありますが、銀行系のプラチナカードはほとんどが無料だそうで差がありますね。その十数万円のカード会社も米国では4万円ぐらいの会費だそうです。

ただしサービスが劣るとかですね。

日本が一番クレジットカードではプラチナカードが重要視されているのでしょうか。相対する顧客がいるから発行されるのでしょうから、日本はクレジットカードでも先進国なのでしょうね。サービス内容を見ると一番効果があるようだと思うのはマイレージなどのポイントが加算されるサービスでしょう。そのポイントで買い物もできますし、使われる額が多いので、ポイントも相当貯まるのではないかと思います。
元々は富裕層でしょうからポイントも関係がないかもしれませんが、それでも魅力ですね。あとは空港関係のサービスがやはり多いですし、何かの時の保険も優遇されているでしょう。魅力的なカードですね。

Copyright (C)2019プラチナカードはイザという時お役立ち.All rights reserved.